Return to site

ガストンルーガ(Gaston Luga)が東急プラザ銀座で開催の「SpaceEngine POP UP STORE」に登場

· Gaston Luga

新進気鋭な海外ブランドのディストリビューション事業を行うJANISは、スウェーデン発のエシカルなライフスタイルバックパック「ガストンルーガ(Gaston Luga)」を、2019年1月4日(金)〜9日(水)まで6日間限定で、東急プラザ銀座で開催される「SpaceEngine POP UP STORE」で展開します。

ガストンルーガは、スウェーデン発にして、Instagramでは創業2年で24万人以上のフォロワーを持つバックパック・リュックブランド。カジュアルでアウトドア的な要素の強いバックパックにエレガントさを加えた、今までにないバックパックコレクションを展開しています。

パーティーシーンから通勤通学、アウトドアまでシーンを選ばないデザイン、軽くて持ち運びやすく、それでいてエレガントな雰囲気の吟味された素材、バッグを保護するパーツや機能的な内ポケットなど、そのすべてにブランドのこだわりがあります。

 

■東急プラザ銀座について

時代を超えて紡ぎ上げてきた品格と、最先端のトレンドを銀座独自の感覚で取り入れるフロンティア・スピリット。脈々と受け継がれてきた、そんな“銀座らしさ”に磨きをかけようと、東急プラザ銀座で掲げているのが「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」です。

このコンセプトのもと、東急プラザ銀座は、伝統と革新の融合から生まれる新しい文化を創造・発信し、銀座と日本、日本と世界をつなぐゲート的な存在を目指しています。

 

ガストンルーガの販売場所となるB2エントランスホールは、東京メトロ銀座駅から直通で駅チカのため、仕事帰りなどでも寄りやすい抜群のロケーションです。

今回のポップアップストアで展開する商品は、女性向けのベストセラーモデル「Clässy」、そのミニサイズである「Clässy – MINI」、大容量サイズの「Pråper」、同じく大容量でガストンルーガの原点となったコレクション「Clässic」です。なお、急きょ出店が決定したため、準備数量が少なく、すぐに完売する可能性があります。

ガストンルーガ_クレッシー

[Clässy(クレッシー)]

クレッシーコレクションは、ガストンルーガのベストセラーモデルです。北欧のミニマリズムとエレガントさが融合した、滑らかなショルダーストラップと軽いバッグで、より女性らしく仕上がっています。仕事にも、ビーチに行くのにも、パーフェクトなバックパック。スマホが入るポケット、底にはバッグを保護する金具付きです。

 

ガストンルーガ_プローペル

[Pråper(プローペル)]

プローペルコレクションは、シンプル、エレガントなデザインでメンズ・レディース問わずどんなシチュエーションでも素敵に見えます。強力なフックは、貴重品を内部にしっかりと格納し、荷物の量に合わせて調節可能。スマホが入る背面ポケット、底にはバッグを保護する金具付きなので、汚れにくい設計です。大容量なので、小さい子供のいる方のマザーズバッグとしてもオススメです。

 

ガストンルーガ_クラシック

[Clässic(クラシック)]

クラシックコレクションは、エレガントで時代を超越するデザイン。例えばフランスのリヴィエラでセイリングをしている時、ニューヨークの五つ星ホテルでドリンクを楽しんでいる時、クラシックはどんなシーンにもぴったりです。大容量なので、小さい子供のいる方のマザーズバッグとしてもオススメです。

 

ガストンルーガ_クレッシーミニ

[Clässy – MINI(クレッシーミニ)]

クレッシーミニは、ベストセラーモデルのクレッシーをよりコンパクトにしたモデルです。耐久性と耐水性を高めるために、軽くて強いナイロン&ヴィーガンレザーで作られています。洗練されたナイロン紐によって開け閉めできるメインコンパートメントには、格納ポケットがついています。内張りは柔らかな100%コットン生地で作られ、フラップトップはチェンジ可能です。

 

GASTON LUGA POP UP STORE @東急プラザ銀座

■期間:2019年1月4日(金)~2019年1月9日(水)

■営業時間:11:00~21:00

■場所:東急プラザ銀座 B2エントランス

■住所:東京都中央区銀座5丁目2-1

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly